結婚式電報を探して、いろいろなお店の電報を見ていたら、誕生日、昇進などお祝い事で電報を利用する機会は多い人は多いようだ。

確かに、メールや手紙よりも、電報の方が高価だし、もらったときに嬉しいかなと。高価と言っても、台紙なら1000円台からあるので、手軽に利用できる点もメリットだろう。

ただ、メールで連絡することが多いので、相手の住所がわからず、電報が送れないケースもあると思うので、電報を送る場合、相手の住所の確認が必要ですね。

電報のお店も、ネットしかないと思いますが、10以上のお店があり、小さい子供向けのアンパンマン電報があったり、いろいろな電報がありますね。

電報って、ネット社会だとあまり利用する機会が減っているような気がしますが、電報のネットショップは増えているような気がするので、お店の数に対して需要は多いのかもしれませんね。

特に、物流は昔よりも良くなっているので、急な電報の依頼も対応できるようになっているので、昔よりも使いやすく、需要も増えているかもしれませんね。

それに、種類も、台紙、ぬいぐるみ、プリザーブドフラワー、カタログギフトなどなど、種類も増えているので、今まで利用されていなかったシーンでも利用されているかもしれません。

需要が減っている場合、新しいシーンを作ることで、利用される機会が増えると思うので。

日本は人口が減っているので、同じビジネスだと衰退してしまう可能性があるので、新しい切り口のものをやっていく必要があるかもしれません。